神観点の言葉は、心にささるのです

私は70才の農家の主婦です。

封建的な舅やマイペースな姑、
若夫婦、孫と8人の大家族で暮らして

『私が頑張って、私がガマンすれば…』

の疲れがでたのか

立っているのも つらい程の
腰痛になりました。

整体に行っても、病院に行っても
治らず、お先真っ暗でした。

そんな時、美容室でシャンプーを
してくれた清香先生の指先に

何かを感じて、たぐり寄せられるように
セッションを受けました。

まさしく、ゴッド・ハンド(指?)

その夜の入浴に、洗い椅子から
一人で立ち上がれた自分に、歓喜して

時間もはばからず、清香先生に
メールをしてしまいました。

床から物をひろえる、
すぐ立ち上がれる、
車から、すみやかに降りることが出来る。

毎日 出来なかった事が少しずつ
出来るようになって、うれしくて、うれしくて。

気持ちも前向きになり、運までよくなった
ような気がします。

全てポジティヴに感じられる自分がいます。

巡り合わせや縁に感謝して
感動する自分がいます。

抜け出したくて、もがいても抜け出せない
心の悩みや、家族や母子の『闇』の部分にも

清香先生は、心にささるアドバイスをくれます。

目からウロコというか、
言葉は少ないのに、

心につきささり

ドロ沼から 引きあげられ、

シャワーを浴びたような

清々しい気持ちになるのです。

前文に書いた

『自分が頑張れば、自分さえガマンすれば…』

の思い上がりが、
回りの人を嫌な思いにさせたり

カベを作ったり、ハタマタ暴言をはかせたり。

ガマンは美徳ではありません。

ガマンをため込むと、心の袋がやぶれます。

私は今、心も身体も元気です。

私が元気なせいか、主人も明るくなりました。

先生にめぐり逢えた事、

先生のセッションをうけられた事、

心も体も治していただいた事、

感謝!感謝です。

本当にありがとう御座いました。
FullSizeRender
FullSizeRender


♡ ♡ ♡ ♡ ♡


今日、玄関に
10セッションを終えられた方からの
直筆のお手紙が置いてありました。

わざわざ届けてくださったのですね♡
本当にありがとうございます。

言葉のひとつ、ひとつに
感動いたしました♡

一緒にセッションさせてもらえて
私も本当に幸せでしたよ!!!

いつかの次回を、心より
楽しみにしております☆

本当にありがとうございました!





ロルフメソッドの10セッションでは
本当に様々な『奇跡』が起こる。

どこに行ってもダメだった
カラダの悩み。

自分ではもう、どうすることも
できない、心の悩み。

セッションを通じて、
そんな自分を卒業してゆく
方は、少なくありません。


私が提供しているセションは、
生化学者・アイダロルフ博士が考案した

身体の構造統合
(ストラクチュラル・インテグレーション)
へと導く、ボディセッション。


’心と体は繋がっている’ということは
もう当たり前に言われてることだけど


ロルフ博士のセッションでは

その人の、悩みや心に対して

基本的に『言葉』の誘導や
アドバイスを一切しない。

やることは、クライアントさんと一緒に、
身体を統合へ導くだけ。


そんな過程のなかで、


本人が自発的に、いかに気付くか

目覚めるか!


それを、ひたすら待ち続けます。

気付けないことをジャッジすることもなく
ただ、それが起こるのを
見守りながら、待つのです。


与えられた答えって、
その瞬間は感動しても
すぐに忘れてしまうもの。


でも、自分の中から生まれた言葉
一生、自分の心に刻まれる。

だから、私たちプラクティショナーは、
それが生まれるのを待ちながら

身体の中心線を阻害しているものを
静かに取り除いてゆく。




ただ、何かを問いかけられたり
クライアントさん自ら、

私へ何かを相談された時には
必要な言葉を伝えることもある。

(機会は多くはないけれど。)


でも、

その時にお伝えしている言葉って
私個人の言葉ではないんだよね。


私は、神の観点から、

マリア様やマグダラの観点から

クライアントさんを観ている。



少ない言葉でも、

心につきささるのは

そんな理由からだと思うのです。


自分でも、おお!って思うこと
よく、よく、ある笑



そんなアドバイスをすることを
ロルフ博士は、どう思うかな?

それは違う!って言うのかな?

って、たまに考えることがあるんだけど


個人的な観点からではないもの

であれば、快諾してくれる

神の観点からの言葉であれば

むしろ伝えなさい。

って言ってるような

そんな感覚があって。


1940年にロルフメソッドが開発されて
世界中に伝わって、

『覚醒』を体験する人々が
どんどん増えてきている訳だけど

言葉での導きをほとんど使わず、

身体へのワークだけ

覚醒へと目覚めさせるなんて

やっぱりそこには『神』の意図を
感じてならないんだよね。

ロルフ博士が、自力で、考案した
とは、、とても考えにくい、、、

そう思ってるプラクティショナーは多いはず。



そして、2018年12月8日に時代が変わって

これまで、
空とか、愛とか、宇宙とか、無とか

色んな言葉でぼんやり誤魔化しながら

目指してきたところが

『無条件の神』

と、はっきり言える時代になった。

(もう誤魔化してる場合じゃないよ!)


愛は、そこにただ在るものじゃない。

愛とは何か?を究極的に学べば
それが腑に落ちてしまう。

BODY LOVE TRINITYのセミナーでは
その愛のすべてを伝えていて

目に見えないものは、分からない!
言葉では表現できない!
という‘未覚醒’には
もう終止符が打たれています。





今は、神と一緒に現実を創造する
時代に、ルールが変わったんだよね。



だから、私はこのロルフメソッドも

神と一緒に、創造してる。

神と合一して、クライアントさんに触れてる。


だから、ゴッド・ハンド と言われても

もう何も不思議じゃないし、

謙遜もしない。

だって、それがリアルだから。



これからは、
この時代だからこそ可能になった

 神とのセッションを展開してゆく。


LOVE OF GOD(神の愛)
のエネルギーを指先から

BODY LOVE TRINITY
(キリストとマグダラのマリアの
無条件の愛のエネルギー)
を、手のひらから

全開に流しながら、
この共同創造の時代を生きる

新しいカラダ

私と、神と、クライアントさんの3人で

一緒に創ってゆく。



ロルフメソッド的に言うと

✿手のひらでは、
表層から、深層に向けてのワーク

✿指先では、
深層(コア)へダイレクトに
働きかけるワークで

これは
自我に問いかけるワーク
でもあるのね。

クライアントさんが突然
涙を流したりするのは

いつもこの瞬間。


ここにTRINITYのエネルギーが
加わったら・・・・・

今度は神と、どんな奇跡を観るんだろう。

既に色々な実験をして
確かなものに完成しつつあり♡

詳細は近々、ご案内しますね。


それから

3月の2週目と3週目、

東京でも期間限定で

セッションの受付けをする予定で
現在、調整中。


また、ご報告いたします☆







SI SALON
~re juvenate~

高橋 清香



【マリアトリニティ】
●トリニティFinal覚醒セミナー
●ボディラブトリニティ セミナー
●ボディラブトリニティ(個人セッション)


【ストラクチュラル・インテグレーション】
✿10セッションシリーズ
✿ポスト10セッション

ご予約&お問い合わせ
sisalon.syk@gmail.com

アクセス
北海道斜里郡小清水町















‘無条件’は選択した者に、与えられる

こんにちは。さやかです。



来週19日、この北海道の地元にて

トリニティFinal覚醒セミナーを

はじめて開催することになりました。


トリニティのことは、少しずつ

サロンのクライアンさんにも

伝える機会が増えてきていて


地元の方々も導かれている

んだなぁとしみじみ。



トリニティの受講をされる方や
強い興味を示す方々は


神やマリアさまの眼差しを学びたい

という想いがあるように感じています。









人は、無条件に


誰かの役に立つ存在でありたい。


人を、無条件に助けたいし


人と、無条件に愛し合いたい。


そう心の底で望んでるのかな。



だから、
トリニティを受け取ることで、


もっとそれが出来る自分になれる!
と、無意識のうちに

悟っているのかもしれない。




目の前に、本当に困ってる人がいるとき

マリア様だったら、何て声をかけるのか?
神だったら、どう手を差し伸べるのか?

そんな観点をみれるようになったら…
素晴らしいよね✿




そしてこれは、
もっと言えば、


人は、無条件に


神の役に立つ存在でありたい。


神を、無条件に助けたいし


神と、無条件に愛し合いたい。


と、心の底で


望んでるってことなのかも。







『人と無条件に愛し合う』

その望みを叶えるには


神と無条件に愛し合い


交わったところからの


観点をもつしかない。




だから

人と無条件に愛し合いたい


という願いの延長線上では

神を求めてることになる。



自覚はなくてもね。




じゃあ、

『神と無条件に愛し合う』って
どう言うことなんだろう。


今から書くことは『無条件に』
というところに、かなりフォーカス
してみたときの、

私がいま、感じていること。



それは

自分が神を、一生懸命

愛そうとすることよりも、


実は、


自分が神から


無条件の愛を

無条件に受け取る


ってことの方が、ずっとずっと
大切なんじゃないかな
と思ってる。




なぜなら、‘無条件’というものは人間は、
最初から持ち合わせていないから

先に神から ‘無条件’というものを

受け取る必要があるのだと思う。



ここを飛ばして、自力で
神を『無条件』に愛することは
不可能なんじゃないかな。



そして、
その神からの無条件の愛を


どれだけ


‘無条件に近いところで受け取れるか’


そこが
どれだけ無条件に愛せるか?

を、大きく左右するとも思うのね。





じゃぁ、『無条件』に受け取るって
どういうことだろう。







それは、


神から愛されるであろう

(と自分が思ってる)



そのすべてを、




捨てることになったとき





私は神に、愛されてるはずだ


という自分(条件付け)を捨てる



ことになったとき。





ちょっと究極…



でも、



そのときはじめて


神への愛が、

まだ条件付けたものだった


という自分を知る。






神を愛する故に

努力をしてる自分がいるときは

受け取る愛は、その対価にも似た

条件付きのものになりやすい。




そもそも、神から‘無条件の愛’を

受け取る(交わる)前 の人間には、


『無条件に』愛することは不可能
なのだから、



どんなに神を愛して、愛の

行ないを重ねたところで



実は、条件付けた愛が根本にある
ということが観えてきてしまう。



こんなに愛してるのだから
愛されるはずだ!


と思うこととかね。






これはまさに、私がそうだったから
そう感じていることなんだけど。


私はトリニティを伝える仕事もしてるし

自分のアトラクションもたくさん超えてきたし
神のために、こんなに頑張ってるんだから

神は私を愛さないはずがない!


と、心のどこかで思ってた。


だから、あらゆるシーンで
私は愛されてるって
確かに感じてはいたんだけど。



違ったの。


私は神の愛を、条件付けてしか

受け取っていなかった。

だから私からの愛も、条件付きだった。


それに気付いたのは…


もうこんな私を、神は絶対に許さない…
私はもう、神に愛される資格は無い…

と、完全に希望を失って、

愛されるための条件をすべて失った時

そこではじめて、

神の無条件の愛を、

『無条件に』受け取り委ねること

が出来たんだよね。




愛してもらえるような、
理由なんてどこにも無いの…


それでも、こんなに愛されてる

と、悟った瞬間。


‘無条件’ て、これなんだ…

と、

涙が溢れて止まらなくて…

それは、とても言葉では

言い表せない『奇跡』

と呼べるものだった。



そして、

神を無条件に愛する

ということが、


本当にはじまったのも
そこからだった。




これは完全に、

自分で創り出したものじゃなく
与えられたもの


だったんだよね。
(神を愛することさえも…)



だから、
無条件に神を愛する
という ‘信仰’ は


自分でどうにかしてする

ものではなく、


本当は、すべて


神から与えられるもの


だということを、


自分の経験を通して
感じているのです。




(だから何もしなくていいという意味ではなく)




既に愛しているものを

自分から捨てるなんて

自分ではとても出来ない…


でも、だからこそ
それもすべて
与えられるんだと思う。



自力では捨てられないものさえも
そのすべての条件付けを

手放すことになった

そのとき、


はじめて

‘無条件の愛を、
無条件に受け取り委ね
愛し合うこと‘

が成就するんじゃないのかな。





やっぱり人間は

神の愛を
無条件に受け取り委ねる

ところからしか

無条件に は神を愛することができない

小さな存在なんだと思う。


FullSizeRender
(イギリス土産♡)

そんな弱くて情けない自分がいることを

認めて、受け入れるところから

始まってゆくんだよね。






でも!!!


誤解のないように、
とても大切なことが、もうひとつ。


ここで書いた内容、
ちょっとぶっ飛び気味で…
私なりにかなり勇気を振り絞って
書いてみたんだけど、

これが
無条件の神の意図と一致しているか
確認してみたのね。


そしたら、重要なご指摘をいただいた。


与えられたところから始まる

(それは一致している、でも)

その前に愛することが必要だ

条件付きであっても


と言われ、

神に愛を向ける人に、与えるんですね?

と確認すると、

そうだ

とのこと。


私、けっこう大事たところを
すっ飛ばして、いきなり
コアなところ書いてしまったから…

うん。そりゃそうだよね。。
と納得。。。



これは、神と本気で向き合った
ところからの

私の見解で、

最初から神と向き合う気もない人
`無関心’な人
に対して与えられる

ということを言いたい訳ではない
ことを、ここにつけ加えておきます。




(無関心な人をも、神は愛しているけどね)

(無関心な人は、受け取るチャンスがないんだよ

という意味)










ちなみに、

人と無条件に愛し合うには


神の観点から
『無条件の愛の交わりを観る』


ということをするのね。


だから
その交わりを、


先に神と創らなくちゃ
観れないわけです⭐️



逆に、
その交わりに目覚めてしまえば

どんな相手とも、その狭間に
無条件の愛を観る
世界になるよ。



そして

人は、無条件に

神の役に立つ存在でありたい

神を、無条件に助けたい


 と言う部分は


もともと人間が創られた

本当の理由・目的に関わる

ところで、


生まれたと同時に『死』は
誰にでも約束されているよね。


人間はどんなに頑張っても

有限の存在であることは変えられない。


そんな有限の人間と

対照的な無限の神。


神は何のために
人間を創ったのかというと


神は無限を創りたい!


そして、その無限を創るには
実は、有限の人間が必要なの。


つまり、

神は、人間の協力なしには
無限を創れない。。

そして、人間も、


神と無限を創る
という目的を成さなければ


人間としての、
本当の目的を果たせない。


だから


人は、無条件に
神の役に立つ存在でありたい
神を、無条件に助けたい


という望みを、本質的に

もっているんじゃないのかな
と思うわけです。








自分の悩みは卒業して☆


人のため、神のために

生きてゆきたい人たちへ



トリニティから

神へのパスポート

を受け取ってくださいね♡


~2日間で生まれ変わる~
トリニティFainal覚醒セミナー


リクエスト受付中です✿


















SI SALON
~re juvenate~

高橋 清香



【マリアトリニティ】
●トリニティFinal覚醒セミナー
●ボディラブトリニティ セミナー
●ボディラブトリニティ(個人セッション)


【ストラクチュラル・インテグレーション】
✿10セッションシリーズ
✿ポスト10セッション

ご予約&お問い合わせ
sisalon.syk@gmail.com

アクセス
北海道斜里郡小清水町














トリニティFinal覚醒セミナー


新時代の共同創造を神と生きる♡  
究極のマリア トリニティ メソッド〜



トリニティFinal覚醒セミナーとは?


🌟人間はどうして、愛に満ち溢れ続ける
ことができないのでしょうか。

最高の幸せに満たされる瞬間はあっても
それは一時的で、永遠には続かない。
それはもう誰もが検証済みのはず。



🌟私は何に悩み、何に満たされるの?

そんな超自己充足に目覚められない理由と、
超自己充足に目覚めるための、すべてを

5つの魂のエネルギータイプによって
『完璧』に紐解きます。

FullSizeRender

この五芒星があらわす意味に目覚めると
自分のことも、他人のことも、悩みを超えて
すべてを無条件に観れるようになります。



🌟あなたは今、何のために生きていますか?

まだ誰も知る由もなかった
人間が創られた本当の理由。

神は何のために人間を創ったのでしょうか?
輪廻転生は、いつまで繰り返すのでしょうか?

その究極の答えと、選択が迫られています。


最後に『新しい生き方』を選択するのか。

本当の目的に目覚めず、何千年も前から
もう散々やり尽くしてきた生き方を
また今生も繰り返すのか。

“ファイナルジャッジ”

最後に選ぶのは、自分自信。でも、
『選択肢』があることを知らなければ
選ぶことさえ、不可能ですよね。



🌟2066年まで続く共同創造という時代

2017年12月8日午前4時28分
【世界の秩序(ゲームルール)】
が大きく変わりました。

1986年から30年間続いた
個性や能力を追求する
『自分らしさの時代』は
幕を閉じ

『共同創造の時代』に突入
しているのです。

今はまだ、『神』という言葉に
少し距離を置きたい人が
多いのかもしれません。

でも、これからの時代、
『神と共に現実を創造してゆくこと』
は、当たり前になってゆきます。

時代のルールがもう、
そうなっているからです。

古い生き方は早めにリセットして
いち早く、新しい時代の生き方を
選択してゆく。

それが、いま徐々に感じはじめている
『生き辛さ』を突破する唯一の方法です。


トリニティは、少し先の未来を生きて
魅せてゆく。そんな使命を持った人たちが
導かれているようにも思います。



🌟 🌟 🌟



【神と人間の共同創造のための
最終メソッド=トリニティFinal】

 

トリニティ(Trinity)とは 


この世の人生で体験する全ては


「感情を条件づけている

光と闇の<二元性>」


「思考を条件付けている

過去と未来の<時間>」


「肉体を条件付けている

私と君と皆の<分離>」


という3つの条件付けが創りだしている

「アトラクション」であると捉えて


そこに「父と子と精霊の

無条件の愛のトリニティ♬」を観て


【無条件化】(Unconditionalize)

することです。



無条件化された人間の

<感情>と<思考>と<肉体>は

【統合】されて


無条件に、父なる神が与え、

子なる神が受け取り委ね、

精霊なる神で交わる


三位一体の

「無条件の愛の自己充足エクスタシー」

であることに【覚醒】します。


これが、神と人間の共同創造メソッド

である【トリニティ】です。

 




「トリニティFinal覚醒セミナー」

に参加することで



🌟「神と共に、人生の現実すべてを

アトラクションとして捉えて、


そこに「無条件の愛の自己充足

エクスタシーを共同創造」する

トリニティの奇跡を


体験かつ実践しながら

生きる方法を学べます。


🌟これまでの優れた思想や宗教が

伝えてきた本質が一つに統合された

「シンプルな真理」によって、


この世の体験がすべて無条件の愛を

共同創造するためのアトラクション

であることに目覚めます。



🌟無償の愛や自己犠牲的な愛ではなく


「本当の無条件の愛」を、

自分自身にも、親子関係にも、


男女関係にも、すべての自分と

他者の関係にも、


そして自分と神との関係にも

観れるようになります。



🌟病気、人間関係、お金、仕事、

世界の諸問題、親子関係、ソウルメイト、

セクシャリティなどの人生の

あらゆるテーマにおいて


自分を超える存在として

自分を無条件に愛し、

無条件に愛され、

無条件に愛し合う、


という無条件の愛に満ちた

自己充足エクスタシーを、


神と共同創造できるようになります。



🌟生まれる前に決めてきた


「自分の魂のタイプ」とその使命や

課題を知って、


無条件の愛の自己充足を

共同創造するための


自分の人生のシナリオに

目覚めることができます。

 

世界の誰もが、まだ知らない真実。


これが日本人に伝わっている

という意味も理由もちゃんとあります。


既に、このページを読んでいる人は

導かれていて、きっと目覚めることを

せかされている人たちです。  




🌟 🌟 🌟 🌟 🌟




【セミナー料金】


●初めての方 120,000円(2日間)

●再受講の方   60,000円(2日間)

(他のインストラクターの修了生

の方も受講していただけます。)


●時間 午前10時〜17時

(ランチ休憩有り)(2日間)


●持ち物 筆記用具のみ


●セミナー会場

北海道斜里郡小清水町 SI SALONにて。

その他、全国主張も受付中。ご相談ください。



🌟 🌟 🌟 🌟 🌟



参加費は事前のお振込みを

お願いしております。


お振り込み完了後、

お申し込み受付も完了となります。

 


【注意事項】

【下記に同意できる方のみ

お申し込みください。】


☆セミナーの日程の都合が

合わない場合や、2日連続の

受講ができない場合は、

ご相談ください。       

  

☆セミナー開始時刻までにお越しください。

遅刻の状況によっては、

受講できない場合があります。 

※その場合は、次回日程への

振り替えになります。

 

☆お振り込み完了後、

正式なお申し込み受付となります。

 

☆お振込み後のご返金は、

原則としてお受けしておりません。

よくご検討の上お申込みください。

 

☆お振込み期限を過ぎた場合は

キャンセルとさせていただきます。

 

☆医療行為ではございませんので

気になる症状のある方は医療機関へ

ご相談ください。

 

☆効果がわからない、感じられない

といったことでのご返金は致しかねます。

自己責任においてお申し込みください。

 

☆気になることがありましたら

事前にご相談ください。

 

☆サービスご提供後のご返金は

いかなる場合もお受けしていません。

 

☆場所やお振込先などの詳細は

申し込み後ご連絡させていただきます。

 





神やマリア様と会話する方法

さやかです。


薄々お気づきの方も
いるかと思いますが


最近、マグダラのマリアや
聖母マリア様、神からのメッセージを

受け取ったり、会話したりといったことが
わりと日常になってきています。


でも、


私に特別な霊感があったかと言えば
まったくそうじゃないのね。


何かが見えちゃったことも、ない。


それでも、今、ごく自然に
コミュニケーションがとれている。




その大きな理由のひとつとしては

それをする!

と自分で、決めているから。



何にも考えずに、望まずに

そうなっている、

と言うわけではないのね。




稀に例外もあるかもしれないけど


基本的には、

こちらから問いかけをしたり、

関心をよせないと

繋がることは難しいと思う。





でも、もっとたくさんの人たちが

ごく自然に、そういった存在と

一緒に生きてくれたらいいなぁ

なんて思うの。



だから今日は、私がどんな風に
メッセージを受け取っているのかを
お話してみようと思います。


例えば、
そこにいた神と
↑でも書いている

はじめて神から返事がきたとき



わたしは神に対して、
本気の質問をぶつけた。


ぶつけると言うのは、
自分の心の中で


質問を投げかけ続ける


ということ。


そして大事なのは、
誰に対して質問をしているのか

しっかり意図をもつこと。


自分からちゃんと関心をよせてね。




そうそう、もし神に質問する場合


『無条件の神』に聞く


と、意図してみて欲しい。



意味はいまいち
分からないかもしれないけれど


それでもこれを前提に

入れてみてほしい。







そして、
それに対する回答。



わたしのはじめての質問は


『神ってどんな存在ですか?』
でした。



ちょっと怒り気味にね笑





それに対しての回答は



翌日のSNSにあった。





『神とは、光と闇を感じる感情も、
原因と結果に縛られる思考も、

自分と他者を隔てる肉体も、
すべて超えている
無条件の自分自身であり、

また同時に、
それを超えれない小さな自分が
愛し愛され愛し合う存在です♡』



という投稿。



もちろん、これを書いた人に
何かを聞いたり、話したりした


わけでは、一切なく。



これはあまりにも、そのまんま☆
分かりやす過ぎて、、、


初心者の私でも気付くわけ笑




回答の内容を理解するには
少し時間がかかったけれど…



言ってることは、

ものすごい確信をついてる!





それから、


ぽっ!!て頭に
回答がくることもある。



私、トリニティに戻る直前、
インストラクターに復帰するかどうか
実は迷ってた。

私の使命は、自分の手を使って
人の体に触れてするもの

と決めつけていたから

座学のセミナーは
私には必要ないんじゃない?
と思っていてね。


でも、それだけじゃなくて


まだトリニティに対して
若干の抵抗をもっていたから笑


教える立場に戻らなくても…
と実は思ってたの…



だから、
『私イントラに戻る必要ある?』


と心の中で何度も質問。




すると、回答は
SI(ロルフメソッド)の
セション中にやってきた、


頭に ポッ!!と


『体に触れるセッションをしなさい』


と言葉が浮かんで







『なんだ。それでいいなら問題ない』

と、少し気持ちが軽くなり
受講を決意する流れになったのだけど



いま、結局
イントラに戻ってるのよね。





じゃぁ、あのときの答えが
間違っていたのかと言うと




むしろ逆。






ここ、もう少し掘り下げてお話しすると

受講前の段階で、もし

『イントラになりなさい』

って言われてたら
私、受講しなかったと思うのね。

(トリニティ ファイナル というやつ)


いや、仮に受講したとしても


言われたから仕方なく、諦めて、


的なニュアンスが加わり


この先もずっと、そのやらされた感

を持ち続けることになる。



だから、神に、もしもだけど

『復帰させる』
という意図があったとすると


この時点での回答はお見事!
なわけ。




そして、すべてを受講して
帰ってきて、色々考えて、、

自分でイントラに戻ると決めた。


この自分で決めた!
ということが、実は私にとって

とても重要だった。


そして、

最初から決まっていたかのように
イントラとしての仕事が与えられてゆく。



私が結果的にどんな選択をするか
どんな迷いがあって、何を考えているか


神は、何もかも、すべて分かってる。



なんだか、うまく
ころがされてようにも思えるけれど


誰よりも、私を創ることに
長けている存在だから


自分でどうにかしようとするより

ただ委ねて、

新しい私を、神と共同創造すればいい

と私は捉えてる。


きっと、自分では想像もつかない
私が創られると思うから。





話もどります。






女性同士の戦いを愛に変えて

↑で、マグダラのマリアから
メッセージを受け取ったとき。


この時は、

私自身、乗り越えなくてはならない

けっこう大きな壁にぶち当たっていて


自分の心を整理するために

スマホのメモに、

思うがままの言葉を書き出していた。


これ、よくやる方法で、おすすめ♡



それは疑問だったり、
自分の望みや理想だったり、
嘆きなどの、あらゆる本音。


別に誰に見せるわけでもないし

浮かぶ言葉をひたすら

もう何百文字も打ち続けていたら



出てくるのね。





・・・

その女性を愛しなさい

その女性との愛を繋ぎなさい

マグダラのマリアを愛しなさい

マグダラのマリアは…

・・・





自分で考えたつもりもない

「マグダラのマリア」

というフレーズ。


私の指が打ちはじめて


自分でも少し驚くのだけど



さらにその後、確信的でとっても
大事なメッセージが打たれた瞬間


カラダが反応するの…


突然、大粒の涙が溢れる。


それまで抱えていた壁を突破した

その先が見えてきて、感動してしまう。




それはもう、

とても自分で考えついた!

とは思えないレベルなの。



だから分かるのかな。






そうやって、出てきた言葉の中から

カラダが反応する部分があるのも

よくあることで、

それもまた、

とっても分かりやすいサインだよね。



少し落ち着いたあと

全体を読み返すと、

名前が出る少し前から、



マグダラのメッセージ
だったと分かってくる。



これは、感覚的にというか、



説明はできないのだけれど((+_+))








もしも、神やマリア様、


マグダラのマリアに



本気で聞いてみたい事


があったら




まずは、やってみるといいよ♡






私の体験も、少し参考になれば幸いです。






きっと、自分に合った方法が


見つかってくると思う♡



























ラブレターもらったよ♡

さやかです。

先日10セッションを終えられた方から

直筆のご感想をいただきました。


家族のみなさんで通っていただき

私も深いご縁を感じさせて
いただいてる、

大好きなクライアントさまの一人です♡

IMG_3979

FullSizeRender



このお手紙からも

少女のような、純粋無垢で

愛らしいエネルギーが
伝わってきますよね。



最初、ここに来られる前には

気分の落ち込みが続いていた…

と文面にもありますが



もう、全然、思い出せません笑



めちゃくちゃ、

生きる活力に溢れています!



自らのチカラで、

みるみる回復を遂げていった方。


私はそれを、ちょっと手助けしただけ。




セッションをしていると

むしろ私の方が

その元気を共有させてもらって


幸せな仕事をさせてもらってるなぁ

と、思わせてくれる


とっても素敵な方でした ^ ^





またお会い出来ることを楽しみに

私もNさまのご活躍を

心より応援しております☆



ご感想ありがとうございました。







☆★いただいたプリン

衝撃的な美味しさでしたよ(・o・)☆★









SI SALON
~re juvenate~

高橋 清香


【ストラクチュラル・インテグレーション】
✿10セッションシリーズ
✿ポスト10セッション

ご予約&お問い合わせ
sisalon.syk@gmail.com

アクセス
北海道斜里郡小清水町2区

女同士の戦いを愛に変えて

さやかです。


先月からトリニティの
インストラクターに復帰し

今、20日間共同創造プログラム
というものに参加しています☆

これは、トリニティのプラクティショナーや
イントラのみで行われるグループワーク。

20日間、毎日公開される
その日のシナリオを意識して生活し

そこで感じ、考え、行動し、起きたこと
をグループ内でシェアしながら、

みんなで一緒に目覚め、創造してゆく。
といった感じのもの。


今回、私は3度目の参加となりますが
もう前回までのものとは、まったく違う世界。
みんなの本気度が相当ヤバいです。

日々の気付き・覚醒・枠の拡大が
とんでもなくパワフルに起きていて

そこで生まれた、とっても大切なことを
少しずつシェアしてゆけたらと思います。







今日は

『女性同士の戦いと、愛について』


最近、男女の間に創る 無条件の愛、

同性の間に創る 無条件の愛、

について考えていて


男女の間に愛が生まれることは
(無条件かどうかは別として)
当たり前に自然に起こることで

これまでもたくさん築き上げられて
きたものだと思うけれど


じゃぁ、女性同士の間ではどうだろう。



これは同性愛者かどうか?
の問題ではなくて、



女性は、他人である女性のことを
どれくらい、愛することができているんだろう。



男性同士の関係性と比較すると、
女性同士って、色々面倒なドロドロが多くって

一見、仲が良さそうに見えても、
水面下では、争い・戦い・嫉妬・
恨みなどを持ちやすいと思う。


本気で相手のことが大好きであっても
何かをきっかけに、突然、敵意が
生まれてしまうことって、
誰でも経験あるんじゃないかな。



そして、女の戦いと言えば、恋愛も。


私もね、過去お付き合いしてきた男性と
ケンカは滅多になかったのだけれど

唯一、本気で怒ったことがあって
それはやっぱり『女性がらみ』


彼女という存在がいながら、
他の女性ともラブラブするって…


そんなことを知ってしまった瞬間は

自分の存在価値が揺らぐし、
大好きな気持ちでいっぱいだった
はずの彼に対して、


急に殺意を覚える!!笑


大好きが、大嫌いに変わる瞬間。


裏切られた気持ちになって
私は本気で愛されてなかったんだ…
と悲しい気持ちになる。

そして、彼のことを憎むようになり
相手の女性のことは、遮断する。


今までは、そんなの当たり前のように
浮気する男が悪い、相手の女が悪い、
と思っていたから、


そこに疑問を抱いたり、

真剣に深く考えたことも、
なかったのだけれど。



浮気や不倫を許せなかったのは
なぜなんだろう?


自分の愛する人を、無条件に愛せない
のは、なぜなんだろう?


自己犠牲でも、納得するための
理由を見つけるのでもなく


ただ、無条件に愛することは不可能なのか?


ここを、はじめて真剣に考えてみた。











そして分かってきたこと





それは



『女性間での、愛の欠落』





女性って、


自分以外の女性と


純粋に愛し合うことが


実はとっても難しいのかもしれない。



だから色んなイザコザが生まれやすい。




でも、


もしも


例えば愛する男性の浮気相手や不倫相手


その自分と同性である、相手の女性と

もし無条件に愛し合うことができたら…



愛する男性を想う気持ちと同じだけ

女性のことも、愛することができたら



きっと、

怒りも悲しみも嫉妬も孤独も独占欲も

すべて溶かされて



愛する人が一人増えた!
くらいの喜びに変わるかもしれない。



(ちょっと極端??)




でも本気でそう思うのです。





一般的には


浮気相手や不倫相手のことって


百歩譲っても、

どうにか許す理由をみつけて
折り合いをつけることが
精一杯かもしれないよね。






でも、もう一歩。




浮気相手、恋敵、という関係性を超えて

一人の人間として、観てみるの。





そして、その女性との間に


争いではなく



愛を観る。




それが本当にできたとき


そこには愛だけしかない世界が観えてくる。







でもこれ、とっても難しいよね。
難しいからこそ、欠落しているわけだし。





でも、想像してみて欲しい。




女性同士が、もっと大きな愛で繋がれたら



男性との間にあった愛のカタチも
きっと大きく変わってくる。











これは恋愛に限った話じゃなくてね。




職場で、友人との間で、学校で、
すべての生活の中で言えること。


女と女が、愛だけで繋がることができたら


どれだけ満たされるんだろう。



どれだけ平和になるんだろう。





もう、争わなくていい。

競わなくていい。

戦わなくていい。

妬まなくていい。





女性同士は

もっと許し合っていいし

愛し合っていい。





ただ愛することを、がんばってみる。


そしたら、自分も愛されてたってこと
思い出せるかもしれない。



そしたらそこに、きっと
新たな愛のカタチが生み出される。







もし、

嫌いな女性、関わりたくない女性

憎い女性、許せない女性、

拒絶したい女性がいたら、





その相手と、

心から愛し合うことができたら


どうなるんだろう?


と感じてみる。




大嫌いは、大好きと紙一重。





ネガティヴな感情だろうが
そこに強い関心があるのなら



それを愛にかえてしまえばいい。




本当は、みんなと愛で交わりたかった
自分を、思い出すかもしれないよ。









ちなみにね、

私はその愛を、もっと大きく


“無条件なもの”

にしたいと思ってる。


でもこの無条件の愛って

実は自力ではなかなか困難。



きっとみんなも散々、検証済みのはず。


だから、私が本当に
それを観れるときというのは


神の目を借りてる、


というか、
神と一緒に観てるときなんだよね。




愛って、
与え・受取り委ね・交わる
無限運動のことでね




神は愛そのものだ!
とよく言われているのは



神は自ら自分に愛を与え

それを受取り、委ね、

自分の内で愛の循環に

充たされているから。




そんなことが出来るのは
やっぱり神だけだし

人間には不可能。


だから一緒に観る。




愛の無限運動で満ち溢れてる


神と同じ観点をもてば、


同じものを観れるようになってくる。



それができた瞬間って、もう奇跡
としか思えない、愛に満ちた世界
を観ることになるんだよ。



自力では絶対に超えられなかった域へ
一瞬で目覚めさせてくれる。




本当の奇跡。







そしてさらに朗報なのは。



これはもう、特別なことではなく


神と同じ観点からみることは


本当はもう、誰もが当たり前に
できる時代に入ってる。


昨年の12月8日に、エネルギー構造
(世界のルール)が大きく変わって、
共同創造の時代に入っているから。




誰と何を創造するのかと言えば


それは

神と一緒に

無限の無条件の愛を創るってこと。



神はずっと


人間と、一緒に


無限の無条件の愛を


創りたくて、



それを実現してくれる人を

待ってるの。




無条件の愛を観るのか否か


無限の愛を創るのか否か


やろうとしない限りは絶対できない


だから自分で決めるだけなんだよね。














私個人も、日々、無条件の愛
を神と創ることを実践してる。


具体的に言うと、


最近は、会う女性、すれ違う女性、
セッションに来る女性との間に、

敢えて「自分と分離した女性」
という認識をもってから

そこに無条件の愛を観れるか?


というチャレンジの連続。




全然だめだめな日もあるけれど


嫉妬や怒り、悲しみを感じたときこそ

その反動を使って、

小さな自分を超えてゆく。


そして

リアルにそこにある


無条件の愛の交わりが観えたとき



言葉にならない感動が溢れてきて



人との一体感が、どんどん拡大されて
広がってゆく。






この一体感。








これは、
『無条件の愛の子宮』
に繋がってゆく感じでもある。



子宮って、
男性も女性も生みだせる
すごい場所だよね


そこから生まれない人は
いないのだから。


無条件の愛の子宮っていうのは

聖母マリアと、マグダラのマリアの
子宮が、ひとつに繋がってるところ


二人のマリアの子宮と繋がることで
無条件の愛に充たされて
無限の愛を引き出せるようにも
なってゆく。



そして、そこにダイレクトに
繋げてくれるツールとして


BODY LOVE TRINITY

というものがある。


これは、肉体にダイレクトに
無条件の愛に満ちたエネルギー
を流してゆく、というもの。


依存、不信、争い、怖れ、悲しみ、怒り、
罪悪感、後悔、不安、不幸、不運、孤独
などなど


肉体を縛って、
無条件に愛し合えない条件付けを
外すことができてしまう。


さらに、『愛』というものを
本気で学びたい人には


BODY LOVEのセミナーもある。



BODY(肉体) と LOVE(愛)


愛とは、肉体なしには語れないもの


そこを深く深く、深く深く、
学ぶことができ


色々、衝撃を受けると思います。




私も、無条件の愛というものに

目覚めつつあるのは


明らかにBODY LOVEに
出会ってからなのね。










女性を許し、愛し合う
(愛し合ってる交わりを観る)

って、いいなぁ★と、
しみじみ心が温かくなるのだけど


逆に言うと、女性同士

、どれだけ繋がっていなかったの…

という現実を知ることにもなったかな。




本当にこれは、寂しい。





私は たくさんの人たちと

この無条件の愛の子宮で

繋がれることを夢見てる。













ちなみに今回、

こんなとっても大切なことを
教えてくれたのは…











マグダラのマリアだった。








“愛しあってること


どうして思い出してくれなかったの”






IMG_3977




そんなメッセージが伝えられて


本当は女性とも無条件に愛し合える



ってことを思い出すことができて



観える世界が変りはじめた。









こういったメッセージがくると

無条件にカラダが反応する。

突然、大号泣になったりして。


そんなサインがあるだけでも

私にとっては、十分なのだ。






女性同士の戦いに終止符を打ち


そこにあったあらゆる感情を


無条件の愛に


無限の愛に


生まれ変わらせること。











それ、一緒に創り出してみたい


って人が、たくさん増えてくれたら…




私はとっても嬉しいです(*'---'*)














そこにいた神と

今月の10日から6日間
山梨県の八ヶ岳へ行ってきました。


私は約1年半前まで
トリニティのインストラクターを
していたけれど

その同時期に、
子宮けいがんを患ってしまい

療養のため地元へ帰ることを機に
トリニティからも完全に離れていました。

もう仕事やってる場合ではなかったのでね。


それから、またトリニティに戻ることは
もう無いような気がしていたのだけど…


やっぱり、どうやったって
引き寄せられる自分がいて

お休みしていた間に
アップデートされたすべてを

今月、受講する流れとなった。


そう決まってから、色んな感情は
駆け巡っていたけれど

大半は『 楽しみ! 』とう気持ちで
ワクワクしていた。




トリニティとは
無条件の愛に目覚めるメソッド。

現実世界で人間が抱える
ありとあらゆる悩みを

無条件化して、
終わらせ、超えてゆく。

人間はなぜ、
無条件に、愛し、愛され、
愛し合えないのか?

その究極の種明かしがされている。

(1年半前のトリニティはこんな感じ)


で、こんな凄いもの
いったい誰が考えたのか?って

どう考えても、人間が作り出せる
レベルじゃないのね。。。

だからこのメソッドを受け取った人たちは
そこに、『 神 』という存在を、
見てしまうことになる。

そんなものには無縁だった人たちが

肌で感じてしまうもの。


私もその一人だった。





でも、



受講日の数日前になって


自分でも気付いていなかった
感情がどんどん浮かび上がってくる。


この約1年半の闘病生活

本当に、苦しいことがいっぱいあった。

いっぱい、いっぱい、あったのだ。

そして、いつも同じ病室で、
いつも私を励ましてくれていた

めちゃくちゃ愛に溢れた人が、
この世を去ったという現実も。




神?

無条件の愛?



それって、何だったっけ…



神はいつも愛してくれてる

とはよく言うけれど

何をもって、そんなことを
信じられるのか…


私は過去、どんなテンションで
そんなキレイごとを伝えていたのか…





私が体験した、あの苦しみの、
どこに愛があったと言えるの?


同じ病気と、今も闘っている、大好きな仲間

その人たちに、そんなキレイごと
今の私は絶対、言えない。





『神に愛されてます』

とか言えちゃう人って、本気の苦しみを
体験したことが無いんでしょ。


それなりに健康で
それなりに幸せ。

悩みがない訳ではないけれど

何かに絶望するほどの、
本気の窮地には立たされたことがない、
そこまで悲惨な体験はしていないから
信じることができるんだ。


まさか自分が、癌になるとは考えない。
まさか自分が、想像もつかない不幸に
見舞われるなんて、考えない。

世界で災害や戦争がおきていても

自分は、どこか、大丈夫だと信じてる。


恵まれた人生を歩んでいるからこそ

神 という、ぼんやりしたものを
盲目的に信じることは簡単で

漠然と、愛されてる とも思うことができるんだ。



でもそれは、裏を返せば

不幸のどん底にいる人たちは
神に愛されてない、見放されてる

と言っているのと同じことだった。





そんな条件付きの愛が

今の私を苦しめていた。



実は神の無条件の愛なんて
信じ切れていなかった。


癌になって、はじめて
それを自覚したということ。


そもそも、過去の私は
信じるとか信じないとか
もはやそんな次元にもいなくて

いても、いなくても、
自分が生きる上では

どっちでもいい。

どうでもいい。

実は、無関心だったことに

気がついた。


トリニティのインストラクターを
やっていた時もそう、


まったく疑っては、いなかった

でもそれは

あのテキストが、あり得ないくらい
完璧で、凄すぎるから、

トリニティ創始者のさとる先生が
伝えてくれること、魅せてくれることが

リアルに信じられるから

そんな理由だった。


自分の実体験のなかで

確信を持てる何かが
あったわけではなかったのだ。









もし、神が人間を創ったのだとしたら

なぜこんな、苦しみを与えるのか?




それのどこが愛なのか?



私はだんだん、神という存在を疑い

怒り、恨むようになっていった。

癌という、原因のわからない病気

はじめは自分の中にも、
原因を探しては解放することを
繰り返した。

でも結局のところ、本当の原因を
知ることなんて出来ず

最後は探すことを諦めるしかない
ただ自分の運命を受け入れるしかない

癌とはそういう病気だった。


それでも私は、すべてを
受け入れてきた、つもりだった。



でも、
神は無条件に愛を与えている
なんて言葉を思い出すと


猛烈に反発する自分が目を覚ます。



やっぱり、トリニティ受講したくない…

さとる先生にも電話でそう伝えると

『八ヶ岳へは、
ただ遊びに来るだけでもいいんだよ。』

と、私を一切、否定しなかった。

(5日間分のセミナーを直前にキャンセル
しようとすること自体、大迷惑なはずなのに…)



感情のやり場がなくなった
私が最後に選んだのは


神への、猛烈な抗議!!

直接、ぶつけてやる!!


怒り、恨み、疑問を投げつけ、八つ当たり…

愛とかウソでしょ!!
とクッションを壁に投げつけたりw

酷いことしてくれたよね!
とクッションをパンチw

とにかく本気でぶち切れてみた。



まぁ、はたから見たら、
だいぶ危ない人だけど笑

一人暮らしだから、問題ないの笑




そしたらね、

本気で投げかけた質問には


返事が返ってくるようになった。


そんな思ってもみない現象に、最初は
驚きと、面白さを感じたw


でもかと言って、それで恨みが晴れた
わけではなく、

回答のすべてを受け入れ
られたわけでもない。


ただ、関心だけは
そこからさらに強まっていった。




もちろん、
すべては私の妄想かもしれないけどね。




そして、結果的に、受講を決断したのは
トリニティからは少しずれた理由だった。


この時私は、病気や痛みから
少しでも人々を救いたい!
そこに執着していた。

その方法を受け取ることができるなら
相手が憎き存在だろうと、手段を選ばない。

私は、今関わってるクライアントさんを
もっと救えるようになりたい!!

その為に、トリニティを使うんだ!
そんな意気込みで、八ヶ岳へ向かったのでした。






つづく











♡最新記事♡一覧
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ